SUS303とSUS304はどのように使い分ければ良いですか?

どれぐらい耐食性(腐食・錆びに対する耐性)が必要か、どれぐらい複雑で難易度の高い加工をするかで使い分けます。
SUS303は快削性ステンレスと呼ばれ、主に硫黄を添加することによってSUS304より削りやすくしたものです。その分耐食性が劣るため、水分や塩分(塩素)にさらされやすい環境では使用を避けたほうが良いです。
そこまで耐食性を求めないのであればSUS303で十分対応可能です。
素材としてはSUS303の方が割高なので、あまり大きくないもので、深い穴の加工があったり精度の高い加工が必要な場合にはSUS303の方がコストを抑えられる場合が多いです。
また、設計の段階でローラー等の軸として指定されることもよくあります。
単純な加工の場合や、大きい素材が必要な場合はSUS304を選択すると良いでしょう。