黒染めとはどのような処理ですか?

黒染めはその名の通りステンレスを薬品に浸し、その表面に黒い酸化被膜を作ることです。

黒染めは耐食性や美観の向上を目的に行われます。比較的安価で寸法変化がほとんどないため(2μmm以下)、自動車部品等の工業製品や治具に利用されることが多いです。

また、焼入れした部品に黒染めするなど複合的な処理が施されることもあります。

ただし、それほど耐食性は高くないので、高耐食性が要求される製品には向きません。

また、四酸化鉄の被膜を形成する処理なので鉄やステンレスにしか施すことができません。

当社では治具や金属部品の切削加工後の黒染めはもちろん、メッキやアルマイトなどの表面処理、熱処理に関しても相談に乗っております。
製品の耐食性や美観、コストに関してお困りのことがありましたらお気軽にご相談ください。