鋳造と鍛造の違いを教えてください。

鋳造は鉄やアルミを高温にして溶かし、型に流し込んで大まかな形状を作るのに対し、
鍛造は固体の鉄やアルミを型に入れプレスすることで成型します。
鍛造には冷間鍛造と熱間鍛造があり、冷間鍛造の場合はほぼ常温で、
熱間鍛造の場合は鉄だと1000℃を超える温度で成型するそうです。

鍛造品は鋳造に比べて機械的強度が強く、自動車の足回りの部品等にもよく使われます。
当社ではS48Cの素材を鍛造した材料を加工することがよくありますが、
一般的な鋼材と同じような加工条件で切削することができます。
鍛造の素材でわからないことなどありましたらお気軽にお問い合わせください。

金属加工Q&Aトップへ