溶接機の導入

溶接機の導入により、機械加工では難しい形状の設計・製作の提案が可能になりました!
機械紹介 フルデジタル直流TIG溶接機です。一般的な板やパイプであれば十分に溶接可能です。これまで機械加工(切削加工)で作ることが難しかった、板と板、板とパイプを貼り合わせるような形状の加工が低コスト、短納期で実現できるようになりました。製作例 ステンレスのパイプと板材を溶接した試作品です。機械加工(切削加工)でこのような形状に仕上げるには、大きなブロックから削り出し、長い時間をかけて加工する必要があります。また、バイスでのクランプも難しく、いくつもの工程が必要になります。 溶接機の導入により、機械加工(切削加工)と溶接のそれぞれに向いた加工形状の提案ができるようになりました。 今後の展開 山城製作所では、これまで以上に機械加工(切削加工)と板金・溶接の長所を活かした製品や部品のご提案をしていきます。構想の段階から、設計・試作、量産まで対応いたしますので、お気軽にご相談ください。
お見積・ご相談はこちら