YAMASHIRO 山城製作所

自動車部品で培った精密金属加工、治具製作。
職人の腕と知恵で問題解決します。

治工具・設備の開発、設計
試作、量産まで。

お客さまの「作りたい」に寄り添い
熟年のスキルでカタチにします。

YAMASHIRO 山城製作所

自動車部品で培った精密金属加工、治具製作。
職人の腕と知恵で問題解決します。

治工具・設備の開発、設計試作、量産まで。お客さまの「作りたい」に寄り添い熟年のスキルでカタチにします。

治工具・設備の開発、設計
試作、量産まで。

お客さまの「作りたい」に寄り添い
熟年のスキルでカタチにします。

SUS304とSUS316の使い分け方を比較する

どちらも多く流通しているオーステナイト系のステンレスであるSUS304とSUS316、今回はこの二つをどのように使い分けるか、具体的に説明したいと思います。

耐食性で使い分ける

SUS304とSUS316の基本的な成分はほとんど同じですが、SUS316はより耐食性を高めるために、モリブデンが添加されています。

SUS304とSUS316の価格と加工性

SUS316は、モリブデンが添加されている分、SUS304より材料費が高くなります。
具体的には、3割から5割程度、SUS316の方が高額です。

また切削加工についてもSUS316の方が難しいので、同様に3割から5割程度高額になります。
溶接はどちらもそれほど難しくないので、加工費はほとんど変わりません。

水道水等に触れる程度であればSUS304

一般的な水道水のように、塩化物がそれほど多く含まれない環境では、SUS304を使用して問題ありません。

土中に埋設する場合は、環境が重要になる

土中に埋設するステンレス鋼管や継ぎ手などは、SUS304で十分な耐食性を得られる場合がほとんどですが、沖縄などの沿岸部、塩化物を含んだ融雪剤が撒かれる地域などは注意が必要です。

沿岸部・海水に触れる環境ではSUS316

海水ポンプや船舶部品といった、塩化物に直接影響を受ける環境で使用する場合、SUS304は向いていません。
SUS316が使用される場合も多くありますが、確実に腐食を避けられるとは限りません。

したがってより厳しい環境ではSUS316以上の耐食性を持つSUS312や、ステンレス以上の耐食性を持つハステロイなどの使用を検討しましょう。

オススメコラム記事

同じ力で押したり引いたりするのには定荷重ばねが便利
同じ力で押したり引いたりするのには定荷重ばねが便利
2019.5.13

直線方向に対して力をかけたい時にバネを使うことがよくありますが、圧縮ばねや引っ張りばねは、長さによって力の大きさが変わるため、使いにくいことがしばしばあります。そんな時に役立つのが定荷重ばね。コイル状に巻かれていて長い距離使うことができ、有効な範囲であればどこでも同じ力をかけることができて...

材料の強度を飛躍的に改善する!熱処理のポイントとは②
材料の強度を飛躍的に改善する!熱処理のポイントとは②
2019.2.6

前回はなぜ熱処理が広く利用されているのか、その概要をお伝えしました。今回は実際に材料や部品に対して熱処理を施すときに押さえておくべきポイントを解説します。 ・素材は鋼(鉄系材料)を使用する。 部品の加工後に熱処理を行うことができるのは基本的に鉄を主成分に構成され、指定量以上の炭素を...

押さえておかないと見積が出ないことも。治具の見積依頼のポイント
2019.4.24

使いやすい治具を発注するためには、お客様にとってなぜその治具が必要なのか、その治具の一番重要な点は何なのかといったことをはじめ、見積もりを依頼する前に検討しておいた方がスムーズに話を進められるポイントがあります。 今回は、見積や構想の共有をスムーズに図るために考えておくべきポイントをお伝...

複数個同時に加工する治具を製作するときのポイント
2020.1.8

マシニングセンタ等で一度に同じ部品を何個も作りたいと考えることはよくあると思います。 特に、1ロットで100個以上、何度も繰り返し注文が入るような部品を作るときは、複数同時に加工できる治具を製作したいと考えるでしょう。 今回はそのような治具を作る際に気を付ける点を紹介します。 工...

アルミ材料を治具に使うときの注意点
2020.1.8

アルミ材料は軽く、切削加工がしやすいので、精密な治具を製作する場合に重宝します。 ただ、治具の用途によってアルミが向かない場合もありますので、以下の注意点を参考に、適切な材料を検討してみてください。 アルミは柔らかい アルミは、鉄やステンレスと比べて柔らかい素材です。 アルミよ...

プラスチック(樹脂)はどんな時に使うか、金属との比較で考える①
プラスチック(樹脂)はどんな時に使うか、金属との比較で考える①
2019.6.3

金属材料と比較して治具・工具・装置をはじめとしたさまざまな工業製品で使用されるのがプラスチック(樹脂)です。今回は、プラスチックを使うことのメリット・デメリットを検討しながら、どのような基準で使い分けをすれば良いのか考えていきたいと思います。 最初に、プラスチックといっても非常に多様な種...