治具

鋳物加工用可動バイス口金

治具

加工していない凹凸のある鋳物の表面をクランプできるようにしたバイスの口金です。
SK3で加工し焼き入れ焼き戻しをして硬度を高め、油圧バイスでクランプしても変形しないようにしてあります。

ADC12(アルミダイカスト)部品加工用治具(冶具)

アルミ

アルミの切削加工を専門的に行っている業者の方からダイカスト部品加工用の治具製作の依頼をいただきました。
誰でも間違いなく加工できるようにしてほしいというご要望だったので、作業が少なくできる限り簡単にクランプできる設計にしました。

銅線挿入治具(冶具)

ステンレス

コネクタ関連部品を製作されている企業から幅1.2㎜、厚さ0.5㎜の基板部分のコネクタに電線を押し込むための治具を作りました。

銅線の幅は0.56㎜で、差し込みの部分はわずか0.3㎜。
銅線よりもかなり小さいため、力のかかり具合が悪いと簡単に差し込み部分(ピン)の電極が折れてしまうという難しい作業をピンセットのみで行っていたということでした。

そこで、ピンが広がらないように支持しつつ、銅線を奥まで押し込めるような治具を作ってほしいとご相談をいただきました。

SUS304(ステンレス)の細いパイプにサイドカッターで0.5㎜程度の幅の切り込みを入れ、そこに銅線を固定してピンに差し込むようにしました。

SUS304(ステンレス)メガネ成型用治具(冶具)

ステンレス

セルロイドフレームのメガネを成型する治具です。
オリジナルのメガネを製作する企業からフレームに均一な曲面を付けるための治具製作の依頼をいただきました。
見本となる曲面のついたメガネをお預かりし、R(曲面)の形状を決めました。
作業性も考慮に入れ全体の設計を提案しました。
約90℃の熱湯に浸けてフレームを曲げるということだったので、耐食性のあるSUS304での製作となりました。

SK3(炭素工具鋼)ディファレンシャルケース加工治具(冶具)

治具

自動車のディファレンシャルケースを加工するための治具(冶具)です。
よく使われる炭素鋼であるS-C材(S45Cなど)より炭素含有量が多く、硬いため加工の難易度は上がります。