S48C(炭素鋼鍛造)コンロッドキャップ

自動車のコンロッド(ピストンの上下運動を回転運動に変える部品)の一部の部品です。
素材はS48Cという炭素鋼で、鍛造である程度の形に仕上がっています。
コンロッド本体と組み立てるために面を仕上げ、組み立て時の位置決め用にピンを圧入する穴を仕上げます。

実績・事例

素材 S48C(炭素鋼鍛造)
サイズ 36×53.5×116
精度 φ4S7,φ4穴ピッチ±0.05
加工機械 マシニングセンタ

ポイント

位置決め用のピンを圧入するための穴の精度が-0.015-0.027と厳しく全品ピンゲージでチェックしながら加工しています。
また、S7の穴にそのままピンを圧入するのは難しいため、穴の入り口の部分をわずかに大きく仕上げています。こちらも3.99±0.005㎜以内に収まるように仕上げるため1回1回加工後に検査をしています。