YAMASHIRO 山城製作所

自動車部品で培った精密金属加工、治具製作。
職人の腕と知恵で問題解決します。

治工具・設備の開発、設計
試作、量産まで。

お客さまの「作りたい」に寄り添い
熟年のスキルでカタチにします。

YAMASHIRO 山城製作所

自動車部品で培った精密金属加工、治具製作。
職人の腕と知恵で問題解決します。

治工具・設備の開発、設計試作、量産まで。お客さまの「作りたい」に寄り添い熟年のスキルでカタチにします。

治工具・設備の開発、設計
試作、量産まで。

お客さまの「作りたい」に寄り添い
熟年のスキルでカタチにします。

板金加工に向いている金属材料

金属加工といっても様々な素材、加工方法がある中でどの素材がどの加工に向いているのか判断するのは難しいですよね。
そこで今回は板金加工に向いている素材を紹介します。下のまとめを参考にして、素材や加工方法の参考にしてみてください。

板金に向いている金属は鉄・アルミ・ステンレス

一般的な板金工場では、鉄、アルミ、ステンレスなら問題なく加工できることがほとんどです。
また、意外に感じるかもしれませんが、チタンもこれらの素材よりは難しいですが、加工可能な場合が多いです。

板金に向いている鉄の素材

鉄の素材で板金に向いているかどうかを判断する一般的な基準は、炭素を含んでいるかどうかです。
SS400やSPCC、SPHCなどの素材は炭素をほとんど含んでいないので、板金に向いています。
一方、S45Cなどの炭素を多く含んでいる素材、焼き入れを前提として使う素材は板金に向いていません。

板金に向いているアルミの素材

板金に向いているアルミの素材は、A5052、A5056、A6063です。
これら以外の素材も使えることはありますが、溶接がしにくく、より専門的な技術が必要になります。

板金に向いているステンレス素材

板金に向いているステンレス素材はSUS304、SUS316です。ニッケルを多く含んだいわゆるオーステナイト系ステンレスと呼ばれる素材が溶接に向いています。

オススメコラム記事

治具や部品を軽量化する3つのアイデア
2020.1.20

このコラムでも何度か軽量化について言及していますが、今回は治具や部品を軽量化する、代表的な考え方を3つ紹介します。 ・強度的に問題なければアルミやプラスチックを使う 治具製作や、装置、産業機械分野では金属の中でも鉄やステンレスが使われることが非常に多いですが、強度が問題ないのであれ...

高強度のアルミ素材を使うことで軽量化を実現する
高強度のアルミ素材を使うことで軽量化を実現する
2019.2.6

アルミ素材の品質の向上、コストダウンは著しく、以前は高価だった鉄(SS400)並みの強度を持つ素材も、広く普及するようになってきました。こういった高強度の素材を上手に利用することができれば、強度やコスト面を維持したまま、装置や治具、工具の軽量化を図ることができます。 治具などの軽量化は、...

プラスチックを治具に使う場合の注意点
2020.1.12

治具や部品、製品に使う素材としてまず思い浮かぶのは金属やプラスチックかと思います。しかし、たくさんある素材の中から果たしてこの素材で良かったのか、もっとコストを下げられたのではないか、と後で不安になることもあるかと思います。 樹脂を選ぶ場合の主な理由は、軽くする必要がある、製品を傷つ...

加工治具に使うトグルクランプの種類
2019.12.25

加工治具で大活躍するトグルクランプ。今回はトグルクランプにどんな種類があるか紹介したいと思います。 まず、トグルクランプは固定する対象物(ワーク)をどのように止めるかという方向によって大きく3種類に分けられます。 最も一般的なのが下方押さえ型といって、弧を描くように押さえるためのア...

今日から使えるアルミの基礎知識と選び方
今日から使えるアルミの基礎知識と選び方
2019.10.16

金属の中で軽い素材の代表格といえばアルミです。軽いだけでなく、重さの割りに強度が高く、重量に対する強度で言えば鉄を上回ります。 アルミの特徴として、何となく軽くて柔らかいというイメージを漠然と持っている方も多いかと思います。でも、具体的にどんな時アルミを使えばいいの?と考えた時、悩んでし...

鋳物材料ってどうやって入手するの?
2023.7.19

以前のコラムで、FCやFCDの鋳物の材料の違いについてお伝えしました。一方でこのような材料をどのように手に入れればよいか、わかりづらいですよね。 今回は鋳物材料の入手の仕方についてお伝えします。 鉄鋳物の入手方法は2パターン 丸棒やブロックで仕入れる FCやFCDに代表され...