YAMASHIRO 山城製作所

自動車部品で培った精密金属加工、治具製作。
職人の腕と知恵で問題解決します。

治工具・設備の開発、設計
試作、量産まで。

お客さまの「作りたい」に寄り添い
熟年のスキルでカタチにします。

YAMASHIRO 山城製作所

自動車部品で培った精密金属加工、治具製作。
職人の腕と知恵で問題解決します。

治工具・設備の開発、設計試作、量産まで。お客さまの「作りたい」に寄り添い熟年のスキルでカタチにします。

治工具・設備の開発、設計
試作、量産まで。

お客さまの「作りたい」に寄り添い
熟年のスキルでカタチにします。

エアシリンダは複数の位置決めに向いていない

治具や装置の位置決めや移動で活躍するエアシリンダ。幅広い用途で使うことができますが、複数箇所の位置決めをする場合にはあまり向いていません。今回はその理由や活用の仕方について解説します。

複数箇所の位置決めが必要なとき

例えば、一つのワークに対して直線状の複数の位置に穴明けをする自動機を製作しようとしたとします。
主軸が一つの場合、ワークを動かしながら穴明けをする

エアシリンダの中間停止は難しい

エアシリンダは、空気圧で制御している関係上、ストロークの中間で正確に停止させることが非常に難しい部品です。
ブロックやワーク等にピストンロッドの先端を当てて固定するのが一般的で、2箇所以上の位置決めには向いていません。

複数箇所の位置決めには電動シリンダやサーボモータを使う

複数箇所での位置決めが必要な場合は、電動シリンダやサーボモータを使うことで、正確な位置決めができます。
治具や装置の使い方に応じて、空気圧や電気の特徴を活かしながら使い分けできると、応用範囲が広がります。

オススメコラム記事

同じ力で押したり引いたりするのには定荷重ばねが便利
同じ力で押したり引いたりするのには定荷重ばねが便利
2019.5.13

直線方向に対して力をかけたい時にバネを使うことがよくありますが、圧縮ばねや引っ張りばねは、長さによって力の大きさが変わるため、使いにくいことがしばしばあります。そんな時に役立つのが定荷重ばね。コイル状に巻かれていて長い距離使うことができ、有効な範囲であればどこでも同じ力をかけることができて...

ヤング率と引っ張り強さと鉄とアルミの関係性
2023.7.20

以前のコラムで引っ張り強さが高強度のアルミと鉄で同じぐらいという話をしました。アルミ材料の中でA2017とA7075はSS400に匹敵する引っ張り強さです。 では、この引っ張り強さが同じということで、そのままA2017やA7075に変更しても問題ないでしょうか? 治具や部品の場合、...

高強度のアルミ素材を使うことで軽量化を実現する
高強度のアルミ素材を使うことで軽量化を実現する
2019.2.6

アルミ素材の品質の向上、コストダウンは著しく、以前は高価だった鉄(SS400)並みの強度を持つ素材も、広く普及するようになってきました。こういった高強度の素材を上手に利用することができれば、強度やコスト面を維持したまま、装置や治具、工具の軽量化を図ることができます。 治具などの軽量化は、...

既存の治具を改良するときに考えること
2020.1.15

表面処理の種類と目的を確認する 既存の治具の場合、部品にどんな表面処理がされているのかわからない場合がよくあります。 単純な傷や錆びの対策であれば、元々の表面処理と似た処理をしておけば問題なく使える場合がほとんどです。 しかし、潤滑性の向上や、特定の薬品に対する防食性の向上を目的とし...

小さな入力で大きな出力の治具を作るには
2020.1.9

人の手では扱うことが難しい大きな出力を出せる治具を製作したいと考えることがあると思います。 今回はこのような場合に使える治具の構造について紹介します。 てこの原理を使う 入力と出力の大きさを変える最も簡単かつイメージしやすいものはてこの原理でしょう。 レバーなどを人間が動かす場...

手動による治工具・装置のデメリット
手動による治工具・装置のデメリット
2019.5.29

前回は手動による治工具・装置導入のメリットを紹介しました。今回はデメリットを紹介したいと思います。 動きが限定される、複雑な動き、連続した動きを作り出すことが難しい 手動の治工具でも、様々なからくりの機構を使って連続した動きを作り出すことは可能です。しかし、一度に取り出せる出力の種...