YAMASHIRO 山城製作所

自動車部品で培った精密金属加工、治具製作。
職人の腕と知恵で問題解決します。

治工具・設備の開発、設計
試作、量産まで。

お客さまの「作りたい」に寄り添い
熟年のスキルでカタチにします。

YAMASHIRO 山城製作所

自動車部品で培った精密金属加工、治具製作。
職人の腕と知恵で問題解決します。

治工具・設備の開発、設計試作、量産まで。お客さまの「作りたい」に寄り添い熟年のスキルでカタチにします。

治工具・設備の開発、設計
試作、量産まで。

お客さまの「作りたい」に寄り添い
熟年のスキルでカタチにします。

エアシリンダは複数の位置決めに向いていない

治具や装置の位置決めや移動で活躍するエアシリンダ。幅広い用途で使うことができますが、複数箇所の位置決めをする場合にはあまり向いていません。今回はその理由や活用の仕方について解説します。

複数箇所の位置決めが必要なとき

例えば、一つのワークに対して直線状の複数の位置に穴明けをする自動機を製作しようとしたとします。
主軸が一つの場合、ワークを動かしながら穴明けをする

エアシリンダの中間停止は難しい

エアシリンダは、空気圧で制御している関係上、ストロークの中間で正確に停止させることが非常に難しい部品です。
ブロックやワーク等にピストンロッドの先端を当てて固定するのが一般的で、2箇所以上の位置決めには向いていません。

複数箇所の位置決めには電動シリンダやサーボモータを使う

複数箇所での位置決めが必要な場合は、電動シリンダやサーボモータを使うことで、正確な位置決めができます。
治具や装置の使い方に応じて、空気圧や電気の特徴を活かしながら使い分けできると、応用範囲が広がります。

オススメコラム記事

鉄素材を治具に使うときの注意点
2020.1.2

鉄系の材料は安く比較的扱いやすい金属材料で、治具にもよく使われます。 ただ、何でも鉄にすれば良いわけではなく、素材の特徴や前後の処理のしやすさを考慮して選ぶべきでしょう。 鉄なら何でも良いということであればSS400でほとんどの場合問題ありません。 SS400よりは硬度が欲しい場...

複数個同時に加工する治具を製作するときのポイント
2020.1.8

マシニングセンタ等で一度に同じ部品を何個も作りたいと考えることはよくあると思います。 特に、1ロットで100個以上、何度も繰り返し注文が入るような部品を作るときは、複数同時に加工できる治具を製作したいと考えるでしょう。 今回はそのような治具を作る際に気を付ける点を紹介します。 工...

アルミの表面を劇的に滑りやすくするには
2020.1.23

治具や部品でアルミを使うときに、アルミ同士やアルミと他の金属の摩擦抵抗を小さくしたいと考えることがあると思います。 特にアルミはかじりや焼き付きしやすい素材なので、部品同士がこすれる面などでは注意が必要です。 どうしてもアルミの部品にする必要があり、こすれる部分がある場合は、潤滑ア...

POM(ジュラコン)の特性
POM(ジュラコン)の特性
2020.2.24

機械材料で良く使われるPOM(ジュラコン)の特性についてお伝えします。 重さはアルミの半分程度 POMの重さはアルミの半分程度です。 引っ張り強さは鉄の1/5以下 引っ張り強さは鉄の1/5以下です。 自己潤滑性を持つ POM(ジュラコン)の大きな特徴の一つに、自己潤...

FCとFCDはどのように違うか
2019.6.11

鋳鉄の代表的な材質といえばFCとFCDですね。名前は似ていますが、材料特性や使い方は少しずつ異なるので、今回はそれぞれの違いについて説明したいと思います。 FCはねずみ鋳鉄、FCDはダクタイル鋳鉄 FC200やFC250といった素材はねずみ鋳鉄と呼ばれ、鋳造ではないS45Cなどの炭...

プラスチックを治具に使う場合の注意点
2020.1.12

治具や部品、製品に使う素材としてまず思い浮かぶのは金属やプラスチックかと思います。しかし、たくさんある素材の中から果たしてこの素材で良かったのか、もっとコストを下げられたのではないか、と後で不安になることもあるかと思います。 樹脂を選ぶ場合の主な理由は、軽くする必要がある、製品を傷つ...