YAMASHIRO 山城製作所

自動車部品で培った精密金属加工、治具製作。
職人の腕と知恵で問題解決します。

治工具・設備の開発、設計
試作、量産まで。

お客さまの「作りたい」に寄り添い
熟年のスキルでカタチにします。

YAMASHIRO 山城製作所

自動車部品で培った精密金属加工、治具製作。
職人の腕と知恵で問題解決します。

治工具・設備の開発、設計試作、量産まで。お客さまの「作りたい」に寄り添い熟年のスキルでカタチにします。

治工具・設備の開発、設計
試作、量産まで。

お客さまの「作りたい」に寄り添い
熟年のスキルでカタチにします。

エアシリンダは複数の位置決めに向いていない

治具や装置の位置決めや移動で活躍するエアシリンダ。幅広い用途で使うことができますが、複数箇所の位置決めをする場合にはあまり向いていません。今回はその理由や活用の仕方について解説します。

複数箇所の位置決めが必要なとき

例えば、一つのワークに対して直線状の複数の位置に穴明けをする自動機を製作しようとしたとします。
主軸が一つの場合、ワークを動かしながら穴明けをする

エアシリンダの中間停止は難しい

エアシリンダは、空気圧で制御している関係上、ストロークの中間で正確に停止させることが非常に難しい部品です。
ブロックやワーク等にピストンロッドの先端を当てて固定するのが一般的で、2箇所以上の位置決めには向いていません。

複数箇所の位置決めには電動シリンダやサーボモータを使う

複数箇所での位置決めが必要な場合は、電動シリンダやサーボモータを使うことで、正確な位置決めができます。
治具や装置の使い方に応じて、空気圧や電気の特徴を活かしながら使い分けできると、応用範囲が広がります。

オススメコラム記事

精密な軸を部品として使うときは、材料の段階で仕上がっている丸棒を使おう
2020.1.19

精密な軸と穴を設けて、回転させたり、往復運動させる治具・装置を作りたいケースはよくあることと思います。 そんなとき、軸を精密に仕上げようとすると、それなりにコストがかかってしまいます。 全ての材料ではありませんが、丸棒の中にはh7やh9など、最初からかなり精密に仕上げられているもの...

高強度のアルミ素材を使うことで軽量化を実現する
高強度のアルミ素材を使うことで軽量化を実現する
2019.2.6

アルミ素材の品質の向上、コストダウンは著しく、以前は高価だった鉄(SS400)並みの強度を持つ素材も、広く普及するようになってきました。こういった高強度の素材を上手に利用することができれば、強度やコスト面を維持したまま、装置や治具、工具の軽量化を図ることができます。 治具などの軽量化は、...

POM(ジュラコン)の特性
POM(ジュラコン)の特性
2020.2.24

機械材料で良く使われるPOM(ジュラコン)の特性についてお伝えします。 重さはアルミの半分程度 POMの重さはアルミの半分程度です。 引っ張り強さは鉄の1/5以下 引っ張り強さは鉄の1/5以下です。 自己潤滑性を持つ POM(ジュラコン)の大きな特徴の一つに、自己潤...

治具の製作に使う金属の選び方
2020.1.1

治具の製作に使える金属は、非常に多くの種類がありますが、加工のしやすさやコストを考えると現実的には数種類に絞られます。 その中でも特に実用的な鉄、ステンレス、アルミについて、これらの特徴による使い分け方を紹介します。 材料費を安くしたいとき、硬度を上げたいとき、磁石に付くようにした...

より効率の良い治具を製作するためのポイント
2020.1.6

新しい治具を製作すれば、これまでできなかった作業ができるようになったり、作業をより効率化できたりしますが、更に使いやすく、効率的な治具にするために、押さえておくべきポイントを紹介します。 治具の適切な重量を検討しておく 治具は大きく分けて人が持って使う場合と台などに置いて使う場合、...

今日から使えるアルミの基礎知識と選び方
今日から使えるアルミの基礎知識と選び方
2019.10.16

金属の中で軽い素材の代表格といえばアルミです。軽いだけでなく、重さの割りに強度が高く、重量に対する強度で言えば鉄を上回ります。 アルミの特徴として、何となく軽くて柔らかいというイメージを漠然と持っている方も多いかと思います。でも、具体的にどんな時アルミを使えばいいの?と考えた時、悩んでし...