YAMASHIRO 山城製作所

自動車部品で培った精密金属加工、治具製作。
職人の腕と知恵で問題解決します。

治工具・設備の開発、設計
試作、量産まで。

お客さまの「作りたい」に寄り添い
熟年のスキルでカタチにします。

YAMASHIRO 山城製作所

自動車部品で培った精密金属加工、治具製作。
職人の腕と知恵で問題解決します。

治工具・設備の開発、設計試作、量産まで。お客さまの「作りたい」に寄り添い熟年のスキルでカタチにします。

治工具・設備の開発、設計
試作、量産まで。

お客さまの「作りたい」に寄り添い
熟年のスキルでカタチにします。

SS400(鉄)の軽量化、コストダウンを図るにはA2017が良い理由

代表的な鉄鋼材料であるSS400ですが、治具や部品で使うには重たい、あるいはもう少しコストダウンできないかと考えることがあるかと思います。そんな時に候補に入れたいのがアルミのA2017。今回はその理由について解説したいと思います。

A2017はSS400と同程度の強度を持つ

A2017はアルミ材料でありながら、SS400と同程度の強度を持ちます。それでいて重量は鉄の約1/3、腐食にも強いことを考えると積極的に代替の材料として考えない手はありません。

SS400とA2017の材料代は同程度

材料代は材料の形状にもよりますが、SS400と比べてアルミの方が高いかと思いきやA2017で同程度です。材料そのものの費用はSS400の方が安いのですが、加工しやすい形状にするのにもコストがかかるため、それを考慮するとほとんど変わらないか、A2017だと逆に安くなるという現象が起こります。

特に、アルミ材料の場合、精度を保ちつつ低コストで仕上げることができるファインカットという加工方法が使えます。ファインカットでA2017の材料取りをした場合、大きさや個数によってはSS400より安くなります。

切削加工費はアルミの方が安い

切削加工費に関しては、基本的にアルミの方が安くなります。これはアルミという材質そのものが削りやすいため、SS400と比べて7割程度の価格で作れます。多くの部品や治具の場合、加工が複雑になればなるほど材料代に対して加工費のコストは上がるので、ある程度の加工が必要になるものは、全体のコストとして割高になります。

表面処理は、内容によって変わってくるが、加工費ほどの影響はない場合がほとんど

表面処理は、処理内容によって変わってきますが、アルミの方が若干高い程度です。総コストの1割にも満たない場合がほとんどです。

総コストに対しての表面処理費は大きくない場合がほとんどのため、材料費と加工費でコストダウンが見込める場合は切り替えを積極的に検討していって良いでしょう。

また、アルミは鉄より腐食に強いので、多少水がかかることがある程度の環境であれば表面処理そのものが必要なくなる可能性も十分にあります。

注意点、溶接には向かない

注意点としてA2017は溶接に向かないことが挙げられます。まったく溶接できないというわけではないですが、溶接後の割れなどのトラブルの保証ができないため、溶接できないと考えたほうが良いでしょう。

SS400と比べてA2017の方が軽い、材料費は同じか安い、加工費も安い、腐食に強いといったことを考えると、A2017が優れた代替材料であると考えることができるでしょう。

大まかには、上記のようなポイントで判断していただいて間違いないかと思いますが、もしよくわからない、結局のところどうなのかわからないといった場合はお気軽にご相談ください。

オススメコラム記事

SS400を使うときに押さえたい5つの特徴
SS400を使うときに押さえたい5つの特徴
2019.11.5

鉄の代表的な材料といえばSS400ですね。とにかく金属なら何でも良いという場合は、あまり深く考えず材料代の最も安い鉄を選ぶということも多いでしょう。 ですが、どんな場合でもSS400なら安く治具や部品が作れるというわけではありません。SS400の特徴をしっかりと把握し、適切な場面で使うこ...

アルミ材料を治具に使うときの注意点
2020.1.8

アルミ材料は軽く、切削加工がしやすいので、精密な治具を製作する場合に重宝します。 ただ、治具の用途によってアルミが向かない場合もありますので、以下の注意点を参考に、適切な材料を検討してみてください。 アルミは柔らかい アルミは、鉄やステンレスと比べて柔らかい素材です。 アルミよ...

焼き入れするならまずこれ「SCM440」の特徴
2021.10.4

SS400やS45Cでは硬度が足りない、といった場合があるでしょう。そんなときは、焼き入れが良くできる材料を使いたいと思うことでしょうが、ではどんな材料が良いのかなかなか選ぶのは難しいですよね。 個人的におすすめしたいのはSCM440です。今回はいろいろな意味で万能な機械構造用合金鋼、S...

3分でわかるステンレス加工の材料選択。覚えるのは4種類だけ!
3分でわかるステンレス加工の材料選択。覚えるのは4種類だけ!
2019.9.9

ステンレスの材種を調べると、ものすごい数の種類があることがわかります。いろいろと調べたけれど、結局自分が使う用途に適しているのはどれなのかよくわからなくなってしまったという経験をお持ちの方もいるのではないでしょうか。 でも、実は特殊な用途でもない限りステンレスの材料選択は4種類覚えて...

FCとFCDはどのように違うか
2019.6.11

鋳鉄の代表的な材質といえばFCとFCDですね。名前は似ていますが、材料特性や使い方は少しずつ異なるので、今回はそれぞれの違いについて説明したいと思います。 FCはねずみ鋳鉄、FCDはダクタイル鋳鉄 FC200やFC250といった素材はねずみ鋳鉄と呼ばれ、鋳造ではないS45Cなどの炭...

SUS304とSUS303はどのように使い分けるか
SUS304とSUS303はどのように使い分けるか
2019.6.10

ステンレスの代表的な鋼種であるSUS304とSUS303。どちらかというとSUS304の方が一般的に知られていますが、これら二つの素材にはどのような違いがあり、どのように使い分ければ良いのでしょうか。価格や、様々な加工の適性、具体的な使い方について説明します。 SUS304とSUS303...