YAMASHIRO 山城製作所

自動車部品で培った精密金属加工、治具製作。
職人の腕と知恵で問題解決します。

治工具・設備の開発、設計
試作、量産まで。

お客さまの「作りたい」に寄り添い
熟年のスキルでカタチにします。

YAMASHIRO 山城製作所

自動車部品で培った精密金属加工、治具製作。
職人の腕と知恵で問題解決します。

治工具・設備の開発、設計試作、量産まで。お客さまの「作りたい」に寄り添い熟年のスキルでカタチにします。

治工具・設備の開発、設計
試作、量産まで。

お客さまの「作りたい」に寄り添い
熟年のスキルでカタチにします。

SUS304とSUS303はどのように使い分けるか

ステンレスの代表的な鋼種であるSUS304とSUS303。どちらかというとSUS304の方が一般的に知られていますが、これら二つの素材にはどのような違いがあり、どのように使い分ければ良いのでしょうか。今回はその点を説明します。

SUS304とSUS303はオーステナイト系ステンレス
SUS304とSUS303はどちらもオーステナイト系ステンレスと言い、ニッケルを含んだ耐食性の高い鋼種です。どちらも基本的に磁性はありません。特にSUS304は一般的な鋼材として非常に多く流通しています。このSUS304に硫黄などを添加して削りやすくしたものがSUS303です。

SUS304は耐食性、溶接性に優れているが、切削性はあまり良くない
SUS304は耐食性に非常に優れているため、錆が問題になる環境で使用される材料としてまず候補に上がります。鉄と同じぐらいの比重や鉄に近い機械的性質を持つので、鉄に取って代わる場面が非常に多くなっています。また、溶接も比較的しやすく、鉄とそれほど遜色なく溶接することができます。
ただし、鉄と比べると粘り気があり、削った面が硬くなる加工硬化という現象を起こすため、切削にはあまり向いていません。

SUS303は耐食性、溶接性は劣るが、切削性は良好
一方SUS303は、耐食性、溶接性は劣るものの、切削性に優れています。従って、深い穴や溝、ポケットなど切削しにくい部分が多くあるような加工品の場合は、SUS303の使用をおすすめします。材料代はSUS303の方が若干高い場合が多いですが、切削加工の場合はまずSUS303が使えないか検討しても良いでしょう。

用途に合わせて鋼種を選択することが大切
このように、よく似た性質を持つSUS304とSUS303ですが、使い方や加工の仕方によって向き不向き、できあがりの際のコストが大幅に変わります。加工コストが合わない、部品がすぐに腐食するなどの問題がある場合は、ぜひ素材から検討してみてください。